HITOEGAKI

テヤン、プーリップでの恋のお話を書いています。ドールが苦手な方はご遠慮ください。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第8話  







第8話






PB275825.jpg


ヨナ「・・・遅いな。お兄ちゃん。」











PB275829.jpg


ヨナ「変なの。
   お兄ちゃんがここで待ってろって言うから待ってるのに〜〜
   おそ〜い!」











PB275844.jpg


ヨナ「・・・・。」

??「ゴメン! 遅くなって!」











PB275846.jpg


ヨナ「・・・・え・・・・。」

??「ごめんね。ちょっと友だちに捕まっちゃって・・・。」











PB275854.jpg


ヨナ「え、え、え、え、えっ!!
   MJさん!!!!!!!!」

MJ「え!?ちょ・・・!」











PB275857.jpg


ヨナ「・・・・!」
   (何でお兄ちゃんじゃなくて・・・MJさんが!?
    ど、どうしよう〜!!!)

MJ「ヨナちゃん・・・イスから!?」











PB275858.jpg


MJ「・・・(漫画以外でズッコケてる人、初めてみた・・・・w)
  ね、大丈夫??」

ヨナ「あ、あ、はい・・・。」
   (いやーーん!
    今日も優しくてカッコいいです!MJさん!)











PB275859.jpg


MJ「ヨナちゃん、怪我してない?
  そんなに、びっくりさせちゃった?」

ヨナ「い、いえ!! 全然大丈夫です!」











PB275861.jpg


MJ「ほら、立てる?」

ヨナ「あ・・・。」
   (きゃぁ〜! また私、MJさんに助けられてる!!
    これはイケナイわ!!
    ギャグ漫画系のダメ子のお手本じゃないの〜〜!)











PB275867.jpg


MJ「どこも痛くない?」

ヨナ「はい!異常ありません!」
   (あああああ〜ん。MJさんが来るなら、お兄ちゃん・・・
    何故に教えてくれないのよぉ〜〜!!!)











PB275869.jpg


MJ「ハッシュにヨナちゃんと遊びたいって言ったら、こうなったんだけど・・・
  アイツ、オレと待ち合わせって言ってなかったんだね。
  ほんと、びっくりさせちゃったみたいだな・・・。」

ヨナ「そ、そうだったんですか!
   大丈夫です!
   ぜ、全然びっくりしてないですよ!」
   (お兄ちゃん・・・絶対わざとだ!!)











PB275872.jpg


MJ「もしかして・・・ヨナちゃんって
  オレの事・・・。」

ヨナ「・・・!!!!」(やだ!!まさか・・・!?)











PB275881.jpg


MJ「苦手?」

ヨナ「ええええ!!!??」
   (・・・そっちか〜〜!!!)











PB275885.jpg


ヨナ「まさか!!!!全然そんな事ないですし!
   MJさんが私と仲良くしてくれるの、凄く嬉しいんです!!
   私がびっくりしやすいだけですから
   全然気にしないでください!!!!」

MJ「本当?」











PB275886.jpg


MJ「実は、ちょっと心配だったんだ。
  友だちになったけど・・・
  本当はハッシュや、オレに気を使って無理してるのかなって。」

ヨナ「え・・・。」
   (何!?そのお気遣い!
    優し過ぎます!!!)










PB275892.jpg


ヨナ「あの。
   私にとってMJさんは大切なお友達です♪
   仲良くなれて、とってもとっても嬉しいんです♪
   お友達になってくれて・・
   本当にありがとうございます♪」
   (ヨナの本心ですから!!ご安心くださいね!!!!!)










PB275894.jpg


MJ「・・・・よかった。」

ヨナ「はい♪」
   (わーーーい♪
    伝わったかな??)











PB275898.jpg


MJ「そうだ。
  実はこの前貰ったお人形のお礼に
  ケーキバイキング、一緒に行こうと思ってるんだけど
  どう?」

ヨナ「え!ケーキバイキング!!嬉しいです!
   でも・・・・。そんなお礼だなんて・・・。」











PB275906.jpg


MJ「遠慮しないの!
  友だち同士でも、ちゃんとお礼はするものだし
  ヨナちゃんと一緒なら
  オレも、ケーキバイキングで遠慮なく食べれるしさ。」

ヨナ「そういうことなら・・・。」











PB275910.jpg


MJ「それに・・・。
  ヨナちゃんとおやつ食べると美味しいからね。」

ヨナ「・・・・え。」











PB275911.jpg


MJ「よし、決まり!」

ヨナ「あ・・・!」











PB275913.jpg


MJ「ほら、置いてくよ!」

ヨナ「あ、待って下さいMJさん!!」











PB275921.jpg


ヨナ「・・・・。」
   (どうしよう・・・!
    嬉しくて、胸がいっぱい!!
    ケーキなんて食べれないよ!)











PB275923.jpg


ヨナ「あの!荷物自分で持ちますから!」
   (まさかまさか、MJさんに荷物持ちなんてさせられません!!)

MJ「え・・・。ダメだよ。」










PB275926.jpg


MJ「ヨナちゃんの事、オレ待たせちゃったから
  罰ゲーム。
  もし、今度
  ヨナちゃんが遅刻した時は
  ヨナちゃんがオレの荷物持ってよね。」

ヨナ「え・・・そ、そうなんですか!?」
   (・・・いつの間にやら、そんなルールが!)











PB275931.jpg

MJ「それにさ。」

ヨナ「?」










PB275937.jpg


MJ「オレが荷物持ってないと
  ヨナちゃん逃げちゃいそうな気がしてw
  人質だぞっwwwww
  ・・・・バックだけどw」

ヨナ「!!」










PB275940.jpg

MJ「さ、行こう!」

ヨナ「・・・は、はい!」
  (いやぁぁ〜!MJさん!!!!
   ヨナが逃げるだなんて、そんなそんな!!!)










PB275941.jpg


MJ「〜♪〜♪〜」

ヨナ「・・・・。」
   (・・・むしろ私が人質をとって
    MJさんを捕獲したいくらいなのに・・・。) コラコラw










PB275943.jpg


ヨナ「・・・MJさん。」
   (もう、ヨナの心の中も体の中も
    MJさんで一杯です・・・。)








と、恋心を募らすヨナでしたが
ケーキは11個食べたそうです♪












  




   




スポンサーサイト

Posted on 12:16 [edit]

category: お話

thread: ドール - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: 0

第7話  




第7話







PB255712.jpg


ディータ「・・・・♪♪」











PB255713.jpg

ディータ「♪♪〜♪〜」











PB255715.jpg


ヨナ「ディータちゃ〜ん!」

ディータ「・・・♪」











PB255720.jpg


ヨナ「お待たせ!やっと学校終わったよ♪
   おやつも買ってきたから、一緒に食べよ♪」

ディータ「制服可愛いい〜。私、1ヶ月しか着なかったけど
     また、着ちゃおうかなw」











PB255722.jpg


ヨナ「ディータちゃん、すぐ学校やめちゃうんだもん。
   ヨナ寂しかったんだぞ!」

ディータ「あははw ゴメンねw」













PB255723.jpg


ヨナ「ねっ。チョコパイ好きだよね?
   ジュースはオレンジとペプシどっちがいい?』

ディータ「オレンジ!」











PB255724.jpg


ヨナ「でも、こうやってディータちゃんと会えるから 
   嬉しいよ♪ 
   夜の学校は楽しい?」

ディータ「ん。まあまあかな〜。
     私には合ってるみたいだよ。」











PB255728.jpg


ディータ「・・・・ところで・・・。」

ヨナ「ん?」











PB255734.jpg


ディータ「私に相談って何?」

ヨナ「ぎくっ!!!」











PB255736.jpg


ヨナ「・・・あ、えっと・・・そのぉ・・・。」

ディータ「なぁに?結構重たいやつ?」











PB255739.jpg


ヨナ「あーーーん!やっぱり言えない!!!」

ディータ「・・・・・ヨナってば。」
    (相変わらず、気持ちが動きに出ちゃう子ね〜〜w)











PB255742.jpg


ディータ「・・・あのさぁ。
     もしかして・・・・。」

ヨナ「・・・・?」











PB255745.jpg


ディータ「恋!!の、悩みじゃないの??」

ヨナ「!!!!!!え!!」











PB255748.jpg


ヨナ「ディータちゃん!!凄い!
   何でも分かっちゃうんだね!」

ディータ「まぁね〜w」
    (そんなテレテレしてたら、誰でも分かるってwww)











PB255751.jpg


ヨナ「私ね!お兄ちゃんのお友達を好きになっちゃったみたいなの!
   すごーーく優しくて、カッコいいの!」

ディータ「へえええ〜。ハッシュさんの友だちなんだぁ。
     意外かもwww」












PB255752.jpg


ヨナ「胸がドキドキして、MJさんの事考えると、凄く幸せな気持ちになるの。
   こんなの初めてで・・・・
   恋って、こういうものなんだね。」

ディータ「・・・ついに、ヨナが初恋!
     おめでとう〜!」











PB255753.jpg


ディータ「そっかぁ。
     それで、MJさん?とは、今はどういう関係なの?」

ヨナ「え!?か、関係!?」











PB255759.jpg


ディータ「告白したとか、デートしたとか。
     それとも、まだ会ったばかり?」

ヨナ「あ・・・1回一緒におやつ食べて
   2回目は、お兄ちゃんの所に遊びにきたついでに
   一緒にゲームしたかな・・・。」











PB255762.jpg


ディータ「へえ〜!ヨナにしてはやるじゃん!
     仲良くなったんだ!」

ヨナ「うん・・・・。
   友だちになってくれた。」











PB255766.jpg


ヨナ「・・・嬉しいけど・・・。
   ヨナがお兄ちゃんの妹だからだよね。」

ディータ「・・・・。」
    (ヨナ。本当に恋しちゃってるんだ〜!)











PB255771.jpg


ディータ「元気出して,ヨナ!
     大丈夫!友だちとか、ハッシュさんの妹とか、今だけだって!
     もっと、ヨナのl可愛いとこ見せてあげなよ
     惚れさせちゃいなって!」

ヨナ「え・・・。でも
   私なんて、ディータちゃんみたいにキレイじゃないし・・・。」











PB255777.jpg


ディータ「ヨナは十分可愛いって!(子供っぽいけどw)
     私が協力してあげるから!
     頑張ろう!」

ヨナ「・・・・ディータちゃん。」











PB255783.jpg


ヨナ「ありがとう!!大好き!!」

ディータ「おおっと!」











PB255785.jpg


ヨナ「私、頑張る!
   ディータちゃん、いろいろ女の子の事教えてね!」

ディータ「う、うん。」
    (え・・・女の子の事って・・・w)











PB255788.jpg


ヨナ「チョコパイ食べる?」

ディータ「うん♪」
    (そっか・・・。ヨナってばw
     自分が女の子のつもりもなかったのねw)





がんばれヨナちゃん!















Posted on 12:14 [edit]

category: お話

thread: ドール - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: 6

第6話  






第6話






ここは、噂のMJのおうちです♪



PB085412.jpg


MJ「・・・・・。」

いばら「・・・あ、ダメ。」

ハッシュ「いいじゃねーか。オレが見てぇんだから。」










PB085422.jpg


MJ「・・・・・。」

いばら「いいの!パンツ履いてるかどうかなんて。」

ハッシュ「何言ってんだオメーw 重要な問題だろw」











PB085425.jpg


MJ「う〜ん。やっぱりココがクリアできないなぁ・・・。」

ハッシュ「いいか。オレは見るぞ!」

いばら「もう!ハッシュだめだってば・・・Hなんだから!」











PB085432.jpg


MJ「なぁ。ハッシュ! オマエ、ここクリアしてるよな?
  ちょっとヒントくれない?」

ハッシュ「あああん? オレは今忙しいんだけど。」

いばら「ウソつき!w」











PB085436.jpg


ハッシュ「そんなん自分でやれよ。
     つーか。なんでオマエんちにヨナの人形があるんだよ。」

MJ「ケチ。
  人形は、この前、友だちになった印ってことで、貰ったんだよ。」

いばら「そうなんだ。可愛いーーw」











PB085437.jpg


ハッシュ「友だちねぇ。 それでオマエ、急にDS必死でやってんのかw
     あいつ、ゲーム強ええからなぁ。
     オレにヒント貰うようじゃ、ダメだけどなw」

MJ「・・・・うーーん。だって、ここのボスどうしても倒せないんだ。」











PB085438.jpg


ハッシュ「つーか。オレはこの上半身裸の人形が
     パンツをちゃんと履いてるのかが気になる!」

いばら「だから、お人形でも女の子なんだから〜。可哀想よ!」











PB085439.jpg


ハッシュ「恥ずかしいなんて思わねーよ!ブラもしてねぇのによw
     見るぞ!」

いばら「だーめ!」











PB085443.jpg


ハッシュ「なんで止めんだ、コラ。
     それとも、オマエが代わりにパンツ見せるか?」

いばら「・・・それもダーメ。」











PB085448.jpg


MJ「ちょっと・・・ハッシュ!
  そうやって、変な空気出すなら他でやれよ。
  何しにきたんだよ。オマエら。」

ハッシュ「ああーーー。」











PB085453.jpg


ハッシュ「悪いw
     おまえんちいると、つい、くつろいじまうんだよな〜
     許せw」

いばら「ごめんね。」

MJ「・・・話があるって言ってたけど・・・何?」











PB085469.jpg


ハッシュ「ああーーー。そうだったったな。」











PB085465.jpg


ハッシュ「な、MJは、うちの妹どう思った?
     あいつ、変わってるからよ。
     どんな風に、オマエが思うのか、気になってさ。」

いばら「・・・・?」

MJ「どうって・・・。普通の女の子だよね。
  ゲームとか、漫画とか、ちょっと趣味が男の子っぽいけど・・・
  一緒に遊んで楽しいし。」











PB085470.jpg


いばら「・・・・。」(・・・へえ・・・。そういう事なんだw)

ハッシュ「随分、ヨナと仲良くなったみだいだけど・・・
     他に思う事はねぇか?」

MJ「・・・え?? 他に??」











PB085475.jpg


ハッシュ「・・具体的に、女としてはどうだ?」

MJ「女って・・・。友だちになったばかりだし・・・。
  うーーん。そうだなぁ
  顔も可愛いし、声も可愛いし・・・
  性格も良さそうだし・・・。」

いばら「・・・・。」











PB085477.jpg


ハッシュ「はっきりしねぇなぁ。 タイプじゃねーのか?」

MJ「うーーーん。
  タイプかって言われても・・・・。」











PB085479.jpg


MJ「そうだ! ヨナちゃんは、弟みたいで可愛いよ!」

ハッシュ「お、おと・・・弟かよ!」

いばら「・・・・。」











PB085481.jpg


ハッシュ「弟ねぇ・・・分からんでもない。」
     (こりゃ、ねえかな。 性別から違うし。)

いばら「・・・・。」











PB085485.jpg


ハッシュ「・・・・。」
    (女とも思ってないなら、無理だな。残念だったな、ヨナ。)

いばら「・・・・。」











PB085489.jpg


MJ「・・・・あ、そうだ。」











PB085495.jpg


MJ「あのさ。今度ヨナちゃんにゲームの事教えてもらいたいんだけど
  個人的に遊んでもいいかな?
  お人形のお礼もしたいし。」

ハッシュ「え・・・いいけど。」
     (なんだ、コイツ、オレがここまで聞いてるのに
      興味のない、ヨナを何故、誘う!?)











PB085505.jpg


ハッシュ「・・・・!」
    (そうか!!)











PB085511.jpg


ハッシュ「・・・・。」
    (こいつ、純粋にヨナを友だちとして見てるのか!
     スゲーバカか、ガキのどっちかなんだな!)











PB085521.jpg


MJ「わ!何すんだハッシュ!」

ハッシュ「二人そろって、このお子ちゃまが!!」

いばら「・・・・。」











PB085522.jpg


ハッシュ「・・・・うーーん。」
     (こりゃ、時間かかるな、オイ。)

MJ「ちょっ! やめろよ!」











PB085527.jpg


ハッシュ「バーカ! テメーの頭が禿げるまで撫でてやる!」

いばら「・・・・。」(ふふw ハッシュって意外と面倒見がいいのよねw)






つづく


ま、のんびりいきましょうかw
ハッシュ18歳のくせに、エロオヤジw

     
     









Posted on 13:26 [edit]

category: お話

thread: ドール - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

第5話  





第5話






PB065179.jpg


ヨナ「・・・・困ったな。
   ゲーム、前みたいに楽しくなくなってきちゃった・・・。」











PB065182.jpg


ヨナ「ゲームより、MJさんの事考えてる方が
   ドキドキして、楽しいよ・・・私、変かな・・・。」











PB065184.jpg


ヨナ「この前は、公園でおやつ一緒に食べれて
   とっても楽しかった〜♪
   ガチャはシークレット出なかったのに
   すっごい幸せだったもん。」











PB065186.jpg


ハッシュ「おい!ヨナ!
     ちょっといいか?」

ヨナ「? なあに?おにいちゃん。」











PB065188.jpg


ハッシュ「ちょっと、オマエに頼みがあるんだけど
     聞いてくれるか?」

ヨナ「?? 
   いいよ。お兄ちゃんの頼みなら。」











PB065190.jpg


ハッシュ「ちょっと、オレ、出かけなくちゃいけなくなってよ。
     悪いんだけど、友だち来ちまったから
     オレの代わりに相手してやっててくれ。」

ヨナ「・・・。いいけどー。」











PB065191.jpg


ヨナ「あ、でも、それって・・・。」
   (まさかよね・・・。)

ハッシュ「おう! 入れ!」











PB065200.jpg


ハッシュ「MJだよ。知ってるヤツだからいいだろ?」

MJ「お邪魔してます。」

ヨナ「!!」(きゃぁぁ〜〜!!!!!!!)











PB065219.jpg


ハッシュ「おい、ヨナ。
     オマエらこの前、公園で一緒に菓子食ったんだって?
     しかも、ヨナ、スゲーコケ方したって聞いたぞw」

ヨナ「え・・・あ。う、うん・・・。」
   (わーーん。MJさん、せめてコケたことは
    お兄ちゃんに内緒にしてくださいーーーーー!)











PB065221.jpg


ハッシュ「ってl事で、オマエら二人でも大丈夫だろ。
     オレは、用事済ませてくるから、MJはここで待ってろ。」

MJ「ハッシュ、早く戻ってこいよ!」

ヨナ「・・・・。」
  (ちょ・・・マジですか!?おうちに二人っきり!?)











PB065225.jpg


MJ「なんか、ヨナちゃんに悪いなぁ・・・。
  オレ、外で時間潰しててもいいけど。」

ヨナ「・・・・。」
  (そ、そうだよ〜〜!MJさんと密室で二人っきりなんて・・・
   ドキドキしすぎて、倒れちゃいそうだよーーーーー!)











PB065226.jpg


ハッシュ「ま、いいじゃねーかw
     コイツ、友だち少ねーから
     MJ、オマエ遊んでやってくれよw」

ヨナ「・・・。」
  (ーーーーー!お兄ちゃんってば!!!私、絶対早死にしちゃうってーーーー!!)











PB065231.jpg


ハッシュ「じゃ!後はよろしく!
     1〜2時間で戻るわ!」

MJ「ちゃんと戻ってこいよ!w」

ヨナ「・・・・。」(あああーーーー!お兄ちゃん!!本当にいっちゃうしーーー!)











PB065234.jpg


ヨナ「・・・・。
  (いやーーーん!私を置いていかないでぇーーーーーーー!!!!!!!)











PB065237.jpg


ヨナ「・・・・。」
   (きゃーーーー!絶対顔赤いよ、赤いよ!!!
    MJさん、なんか爽やかな、いい香り〜〜〜!!)











PB065241.jpg


ヨナ「・・・・。」(やだやだ・・・!嗅いじゃだめ! 余計ドキドキしちゃうじゃないのぉ!)

MJ「さて・・・。ヨナちゃん、何して・・・・。」











PB065243.jpg


MJ「ちょ・・・!どうしたの!?ヨナちゃん!?」

ヨナ「いいえ!!!なっ何でもないです!!!」
  (まともに顔なんて見れる訳ないよぉーーーー!
   こんな顔もMJさんに見られるの恥ずかしいーーー!)











PB065244.jpg


ヨナ「すいません!!
   男の人とお部屋に二人っきりなんて、初めてで!!!
   恥ずかしくなっちゃいました!!」

MJ「・・・・っていうか・・・・。」











PB065246.jpg


MJ[「・・・・あの。・・・ゴメン。
   パンツ、見えちゃってるんだけど・・・。」











PB065258.jpg


ヨナ「え!!!!!!」

MJJ「・・ご、ゴメン。もう見てないからっ!」











PB065260.jpg


ヨナ「ご、ごめんなさい!!!
   見たくないのにすみません!!!!」
   (うぎゃーーーーーーーー!!!
    何なのあたし!!!
    これぞ正に、頭隠して尻隠さずじゃないのーーーーーーー!!!)

MJ「・・・・見たくないワケではないけどw」











PB065264.jpg


ヨナ「い、いえ、私がいけないんです・・・。
   お客様にお尻を向けるなんて、あまりに失礼ですよね・・・・。
   恥ずかしいです!申し訳ありません!」

MJ「・・・wwwww 本当、ヨナちゃんって面白いねw」











PB065267.jpg


ヨナ「え・・・。おもしろい・・・。」
   (MJさん・・・。呆れてるのかな・・・。)











PB065271.jpg


MJ「ヨナちゃん。オレが悪かったよ。
  この前、一緒にお菓子食べたの、楽しかったから
  また、話でもしたいなと思っちゃって
  ハッシュが言ったからとはいえ、女の子の部屋に二人っきりは良くないよね。」

ヨナ「・・・・?」
   (え・・・MJさんも・・・この前楽しかったの?)











PB065276.jpg


MJ「オレ、やっぱり外で時間潰してくるよw
  気を使わせちゃって、ごめんね。」

ヨナ「・・・・!」
   (やだ!MJさん、私なんかに気を使ってる!!!!)











PB065280.jpg


MJ[「じゃ。
  オレも1〜2時間したら、また来るね。」

ヨナ「!!!」
   (私ってば・・・自分の事ばっかりで・・・
    こんなに優しいMJさんにを追い出すなんて
    ダメよダメ〜〜!!)











PB065281.jpg


ヨナ「待って下さい!」

MJ「・・・・?」










PB065286.jpg


ヨナ「・・・・あの・・・。」(うあーーー!思わず引き止めちゃった!)

MJ「・・・・どうしたの?」











PB065288.jpg


ヨナ「あ、あの・・・。
   私、あんまり男の人とお話するの・・・得意じゃないんですけど・・・
   MJさん、お兄ちゃんのお友達だし・・・
   おもてなし、させて下さい・・・。」

MJ「・・・無理しなくていいよw」











PB065290.jpg


ヨナ「・・・それに・・・私、お兄ちゃんの言う通り、お友達少ないし・・・
   私も、MJさんとお友達になれたらいいなって・・・あの・・・。」

MJ「・・・・。」











PB065291.jpg


ヨナ「・・・よかったら、一緒にゲームしませんか?」

MJ「・・・・うーーん。」











PB065293.jpg



MJ「・・・いいよw」

ヨナ「・・・よかったぁ!」












PB065309.jpg


MJ「・・・・ヨナちゃん、強いね。
  オレもこのままじゃ・・負ける・・・。」

ヨナ「うふふ♪ 私最強!!!」











PB065313.jpg


MJ「・・・・・・・・赤か。」

ヨナ「!!! そ、それは忘れて下さい!!!!!!」



ちょっぴり卑怯なMJなのでしたw
そう、ヨナのおパンツは赤でした♪



ヨナ、いいお兄さんがいて、よかったね♪




つづく
































  



















Posted on 23:57 [edit]

category: お話

thread: ドール - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 7

第4話  

第4話






PB015002.jpg


いばら「・・・。」











PB015005.jpg


男「・・・・お。」











PB015009.jpg


男「こんばんわ。お姉さん。」

いばら「・・・・。」











PB015013.jpg


男「やっぱり・・・。
  スゲー可愛いね。
  彼氏と待ち合わせ?」

いばら「・・・。」











PB015015.jpg


いばら「悪いんだけど。彼、もうすぐ来るから
    どこか行ってくれる?
    男の人に声かかられてる所、見られたくないの。」

男「いいねぇw」











PB015016.jpg


男「オレ、あんた見たいにキツそうな女
  ちょー好みなんだけど。
  彼氏来る前に、一緒に消えね?」

いばら「・・・。」











PB015022.jpg


男「オレみたいないい男と付き合った方が
  もっと、いい女になれるぜ!」

いばら「・・・・。」(・・・もう、面倒くさいなぁ。)











PB015024.jpg

いばら「ねぇ。
    悪いんだけど、本当にどこか行ってくれない?
    男は間にあってるから!」
    (も〜!ハッシュ来ちゃうじゃない!)

男「冷たいね〜w」











PB015028.jpg


ハッシュ「・・・・あいつ・・・またかよ。」











PB015029.jpg


ハッシュ「おい。あんた。」

男「・・・?」











PB015035.jpg


男「・・・なんだよ。」

ハッシュ「あんた。オレの女になんか用かよ。」











PB015037.jpg


ハッシュ「わりぃけど、コイツに用があるなら 
     まず、オレを通してもらおうか。
     馴れ馴れしく、話かけんな。」

男「・・・・か、彼氏か。」











PB015038.jpg


ハッシュ「そうだよ。
     用がねぇなら、さっさと消えな。」

男「・・・・わかったよ。」











PB015042.jpg


男「・・・ちっ。」











PB015043.jpg

     
ハッシュ「・・・コラ。
     いばら、おまえなぁ・・・・。」

いばら「・・・・。」











PB015045.jpg


ハッシュ「だから、待ち合わせは嫌なんだよ!
     オレが来ると、必ずナンパされてんじゃねーか!
     大人しく家で、オレが迎えに行くの待ってろ!」

いばら「・・・ごめん。」











PB015047.jpg


ハッシュ「そうやって、毎回謝るけどなぁ!
     何でいつも、待ち合わせしたがるんだよ!
     それに、待ち合わせ時間より早く来て待つのもやめろ!」

いばら「・・・ごめん。」











PB015052.jpg


いばら「私、ハッシュが待ち合わせ場所に来てくれる事が嬉しいの。
    だって、付き合う前は、約束しても来てくれなかったじゃない?
    覚えてる?」

ハッシュ「・・・そりゃ、そん時はオレ、女いたから。」











PB015058.jpg


いばら「だから、絶対時間通りに
    ハッシュが来てくれるのが嬉しいの。  
    だから、少しだけ早く来ちゃうのよね。」

ハッシュ「・・・いばら。」








PB015060.jpg


ハッシュ「・・・くだらねぇ。」

いばら「・・・。」











PB015065.jpg


ハッシュ「そんな理由で、待ち合わせさせんな!」

いばら「・・・・。」











PB015073.jpg


ハッシュ「・・・オレに心配かけんじゃねーよ。
     もう、オマエはオレの女だろ!」

いばら「ハッシュ・・・。」











PB015079.jpg


ハッシュ「次はちゃんと、家で待ってろ!
     必ず迎えにいくから。」

いばら「・・・うん。」











PB015081.jpg


ハッシュ「ほら、行くぞ!映画!」

いばら「うん。」











PB015093.jpg


いばら「ね。
    映画館、暗いからって、変な事しないでねw」

ハッシュ「・・・いいじゃん。別に。」







良くない!!!!!!!






ハッシュの彼女、いばらちゃんの登場でした〜♪




つづく♪


























    

Posted on 13:11 [edit]

category: お話

thread: ドール - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 6

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。